麺や兼蔵@山形県赤湯

山形県はラーメン消費量日本一ということで、赤湯のある南陽市はラーメン課を立ち上げ全国にアピールしていこうとがんばっているみたいです。

赤湯でラーメンを食べようとまずは山形県で一番有名な龍上海(新横浜のラーメン博物館にあります)にいってみたら長蛇の列。
寒いしおなかは減ったし並ぶ元気がなく、雪空の中たどり着いたのが麺や 兼蔵さんでした。

メニューは塩、醤油、豚骨、つけ麺と選択肢が多く、誰でも楽しめる構成。赤湯ラーメンといえば辛味噌入りが定番ということでイチオシの辛ニボ豚骨ラーメンとトッピングたっぷりの特製醤油ラーメンを注文しました。

特製醤油ラーメンは細麺で。チャーシューは定番のやわらかいバラと石釜でじっくり焼いた肩ロースと贅沢に2種類!飛魚とにぼしのこくがあるのにすっきりしたスープに青海苔もぴったりで、味玉はこれまで食べた中で一番おいしかったです。

辛ニボ豚骨ラーメンは豚骨ベース。独特のくさみもなく、スープが太い縮れ麺にからみついて食べやすくおいしい。特製辛味噌を溶かしながら食べ進むと徐々に味が変わって、最後にはピリ辛ラーメンで飽きずに食べることができました。

“麺や兼蔵@山形県赤湯” への1件の返信

  1. ピンバック: 赤湯温泉@山形県南陽市 – おいしい日常

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください