赤湯温泉@山形県南陽市

毎年末に夫と雪見風呂に入るのがここ3年ほど定番になっているのですが、2017年末は私が発熱して当日キャンセルすることに。全額払うつもりで旅館に連絡すると「延期ならかまいません」とやさしい対応をしていただきました。そして2018年一泊で山形県南陽市にある赤湯温泉に行って来ました。

赤湯温泉にしたのは新幹線の駅から近いから。バスが夫婦で得意でないため、遠いところはだめなのです。(雪がなければレンタカーでいくのですが)

今回は2日間結構な距離の在来線乗り放題できる週末パスを使うことにして、大宮~赤湯間 山形新幹線を使いました。

赤湯についてまずは荷物を預かってもらうために、今日のお宿森の湯さんへ。飲み屋が立ち並ぶ中にあるお宿ですが、広い敷地に平屋建てなので意外と静かな環境。館内には手作りの人形がおかれていたり、アットホームな落ち着くお宿でした。

ランチは麺や 兼蔵さんで。山形県のラーメンのレベルが高くてびっくりするぐらいおいしかったです。

お部屋は露天風呂付。もちろん雪景色。ただ1階ゆえに冷えがはんぱないのか、体をあたためるにはお湯がぬるい・・・足元も冷たく、貸し出しファンヒーターはありますが、こたつがあればなぁとちょっと残念でした。

夕食は個室でゆっくり。こちらはひざかけもあり寒さは感じませんでした。お料理は見栄えはいいのですが味は普通かな~ステーキは米沢牛なのでおいしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。